Blacomo NEWS by B.B.J.F

BlackBerry Japan fan によるNEWS発信サイトです! 日本に需要を広げてまたBlackBerryが戻ってきてもらえるように応援していきます! できるだけ毎日更新しますので是非checkお願い致します☆

    2014年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    さぁついに発売されたPassportですが、すでに購入して開封動画などアップされているみたいです!



    キーボードがトラックパッドの様な役割を果たしているみたいですね!
    CEOジョン・チェン氏はやはりトラックパッドをユーザーが求めているという事を忘れずに作ってくれたんでしょう!

    vv

    私個人的にはPassportは白が欲しいですね☆

    ちなみにBlackBerryは約2年ぶりの新端末投入!という事でかなり力を入れている様子だ!

    @

    正方形の大画面は、設計図やレントゲン写真、表計算などの判読・管理が必要な専門職をターゲットとしている。



    1行当たり60文字の表示が可能で、ブラックベリーによると、書籍の1行当たり文字数として最適とされる66文字に近い。
    一般的なスマホよりも50%多い。

    価格は競合より抑えた。
    米国での価格は通信契約をしない場合で599ドル(約6万5300円)
    アップルのiPhone 6の販売価格は最低649ドル
    韓国のサムスン電子の「ギャラクシーS5」は650ドル前後だ。

    パスポートは米国、英国、カナダ、フランス、ドイツの自社サイトでも同時に販売を開始した。
    年末までにはインターネット通販のアマゾン・ドット・コムでも取り扱うほか、30カ国以上で通信事業者を通じて販売する。





    こちらにて購入可能です!

    AmazonUSA

    この頃、海外のユーザーの方々に
    「Passportのデザインどう思いますか?」
    「デザインが好きじゃない。BlackBerryらしくない。」
    「Passportを我慢してClassicにした方がいいですかね?」
    などといった質問や意見を毎日頂くんですが、私的にはかなり高評価です!1つは持っておきたいと思います)^o^(

    iPhone6plusを見ましたが、ハッキリ言って画面の大きさといい形といい中途半端な大きさで使いづらそうでしかなかった。。。
    あれならタブレット買った方がいいいんじゃないかと思いました。
    128GBがあるという魅力しかありませんでしたね。
    6、6plusが期待ハズレと感じiPhone5Sに乗り換えがかなり急激に伸びているみたいですもんね。

    その点、全く被らない斬新な正方形というデザインでトラックパッド機能もキーボードに備えたPassportは魅力的だと思います!

    BlackBerry Japan Fan
    Facebookはコチラ
    Twitterはコチラ

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

    プレゼント応募はコチラ!

    BlackBerry Passportの主な仕様
    機種名BlackBerry Passport
    OSBlackBerry10.0.3
    ディスプレイ4.5型(1440×1440、453dpi)
    CPUQualcomm Snapdragon 800(2.2GHzクアッドコア)
    RAM3Gバイト
    ストレージ32Gバイト
    外部メモリmicroSD(最大128Gバイト)
    メインカメラ1300万画素
    インカメラ200万画素
    サイズ128×90.3×9.3ミリ
    重さ196グラム
    バッテリー容量3450mAh
    ネットワークLTE対応

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    BlackBerry(旧RIMリサーチ・イン・モーション)は2012年~2013年にかけて

    □売上高が28億ドルで、前期の42億ドルから33%減少、前年同期の49億ドルから43%落ち込んだ。最終損益は5億1800万ドルの赤字で、赤字額は前期の1億2500万ドルから拡大した


    □2四半期連続の赤字、大規模な人員削減、新製品市場投入時期の遅れなどを明らかにした。

    □BlackBerry 企業連合に身売りへ

    身売りを含めた戦略的選択を検討
    していたBlackBerryが、カナダのトロントに本社を置く投資会社フェアファックス・ファイナンシャル・ホールディングスを中心とした企業グループに全株式を売却すると発表しました。取引総額は47億ドル(約4646億円)。

    などと本当にこれからどうなることやらと思いましたが

    □身売りから一転、CEO入れ替えで新方向を探るBlackBerry!

    □BlackBerry、身売りを中止!! → CEOは交代し、資金調達による企業強化を図る!?

    身売り先探しから再建に方向転換


    となんとか身売りをせず、CEOを替えて方向転換することになりましたね!
    そんな状態のBlackBerryを救ってくれたのがJohn S. Chen(ジョン・チェン)氏!

    jp

    このJohn S. Chen(ジョン・チェン)氏、本当に経歴も凄い人なんです!

    Sybase社元CEO兼会長

    Walt Disney CompanyやWells Fargo & Co. など数々の大企業の役員として名を連ねており,地域社会をはじめとしてアジア外交や国際外交にも積極的に取り組んでいる。
    2005年には,ジョージ・W・ブッシュ大統領により,国際貿易方針について助言を行う大統領輸出諮問委員会 (President's Export Council) のメンバーにも任命されている。


    と凄い経歴の持ち主!Σ(゚д゚;)

    そんなJohn S. Chen(ジョン・チェン)氏がBlackBerryのCEOになってからは

    □BlackBerryの決算、大幅減収だが黒字計上、アナリスト予測を上回る

    BlackBerryの株価は11%以上増加した

    □BlackBerry、赤字予想を覆し2期連続の黒字

    などと嬉しいNEWSばかり!
    更に、John S. Chen(ジョン・チェン)氏は新しい端末を発売すると約束し

    bb

    「90日前にCEO就任して以来、多くの熱烈なBlackBerryユーザーの皆さんから物理的なQWERTYキーボードとトラックパッドこそが
    BlackBerryの真髄だという声を聞いた。われれは皆さんの声に応える」
    と語ってくれた!
    本当にユーザーが何を欲しているのかをしかっり考えてくれるのがわかりますよねヽ(´▽`)/

    今注目されている「BlackBerryPassport」そしてユーザーが1番欲しがっているだろう超期待大モデルの「BlackBerryClassic」などを発表してくれたのもこの方だ!



    中国でモバイルDBの巨大市場を築き,事業的成功を社会に還元する
    米Sybase社CEO John S. Chen
    おお

    私的には、今までのCEOの中でも考え方やアイデアがかなり好きだ!
    これからのBlackBerryを宜しくお願いしますm(_ _)m


    BlackBerry Japan Fan
    Facebookはコチラ
    Twitterはコチラ

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

    プレゼント応募はコチラ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    米国では、今月24日に各キャリアから出荷可能となっているBlackBerry Passport!
    前々からその正方形という形と画面の大きさで話題になっていたPassportですが、色々まとめてみました!


    blackberry-passport_6


    PASSPORTはアスペクト比1:1という4.5インチ正方形ディスプレイとQWERTYキーボードを搭載した独特の形状をしている。

    スクリーンは1440×1440(453dpi)の正方形ディスプレイにCorning Gorilla Glass 3で強化されている。

    OSはBlackBerry 10.3を搭載し、BlackBerry Assistant、BlackBerry Blendといった、ファイル管理、メッセージング、コンテンツ管理などビジネス利用に便利なですくとっぷアプリケーションも搭載されている。

    WordやExcelファイルなどは、サムネイル画面をタイル表示したランチャーによって管理できるまた、Amazon Appstoreもサポートし、Androidアプリの実行も可能となっている。

    画面はタッチスクリーンだが、カーソルの移動やフリック操作などもキーボードからできるようになっており、ソフトウェアキーボードなどで画面を狭めることを最小限の抑えることができる。

    バッテリー容量も3450mAhと平均的なスマートフォンやファブレットと比較しても大容量といえる。
    バッテリー管理機能も充実しており、最大30時間動作可能だという。

    blackberry-passport-official-copy

    大きさは縦128mm、幅90.3mm、厚さが9.3mm。重量は196gだ。
    プロセッサは2.2GHzのクアッドコア CPU(Qualcomm Snapdragon 800:MSM8974-AA)と450MHz Adreno 330 GPUを搭載する。

    メモリは3GBのRAMと32GBのフラッシュメモリとなっている。

    外部インターフェイスはmicroSDスロットとUSB2.0ポートを持つ。

    背面カメラは13メガピクセルで5倍デジタルズーム、オートフォーカス、光学式イメージスタビライザーも搭載される。

    動画は1080p 60fpsのHDビデオ撮影が可能だ。
    前面カメラは2メガピクセルの固定焦点、3倍デジタルズーム、720pのHDビデオに対応する。

    Wi-Fiは802.11b/g/nの他、a/n、ac(5GHz)をサポートする。Bluetoothは4.0のLE(Low Energy)に対応し、GPS、NFC、加速度センサー、磁気センサー、FMラジオなどが搭載される。

    対応する通信方式と周波数は以下のとおり。

    FD-LTE:2100/1900/1800/1700/850/2600/900/700/700/800MHz
    HSPA+:2100/1900/1700/850/900MHz
    Quad band GSM/GPRS/EDGE:850/900/1800/1900MHz


    価格は$600前後と発表
    0909


    モデルは名前の通り、「パスポート」がコンセプトとなっている模様。
    サイズもパスポートと同じ大きさ、パスポートがあれば世界中どこでも行けるように、「BlackBerry Passport」があれば世界中どこでもビジネスパーソンとして活躍できるという内容だ。

    物理キーボードが好きな人であれば新しいタッチ機能が内蔵されたキーボードを歓迎するだろう。
    巨大な4.5インチディスプレイは通常のスマホよりも横長であるため、書類やメールの一覧性が向上し出先でも画面上から確認しやすくなっているようだ。





    カラーは今のところ三色?黒、白、赤?

    S__2768898

    0909

    Red


    BlackBerry Passport VS iPhone6
    P

    日本版Amazonでも、もう保護フィルムが販売されている!(笑)



    BlackBerry Japan Fan
    Facebookはコチラ
    Twitterはコチラ

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

    プレゼント応募はコチラ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    いい

    Passportの販売価格は前記事にて紹介しましたが、期待大のClassicの価格は一体幾らくらいの設定になるんでしょうか!

    BlackBerry情報でお馴染みのCrackBerryで以前発表された情報によれば、

    Passport : $600 or $650

    Classic : $369 or $400


    となっていました。
    今回Passportは$600の設定になっているのでこの情報で合っているとも考えられます!
    という事はClassicは3万5000円~40000円位で販売されるんですかね!

    実際、フォーラムでもAndroidやiPhoneのハイエンドモデルとの金額の差を指摘して、これは安すぎるとして噂に懐疑的な見解も出ています!
    一方で、Passportの値段については、高いとの感想がちらほらと見受けられます。

    最初にBlackBerryQ10が出た時などは8万円以上したのと比べると一気に下がっていますねヽ(・∀・)ノ

    また、Passport と Classic どちらが上位モデルという扱いなのかについての議論が見受けられます!
    Classic こそがEnterprise が望んだものだとする意見や、Excelの扱いやすさを語ったBlackBerry
    の発言に基づきPassport が上位モデルであるという意見など色々とあります!

    私は上位モデルどうこうではなく、Classicは今までずっとBBユーザーが望んでいたモデルだと思い、Passportはタブレットのような感覚でありBlackBerryの中でも特にビジネス向けなモデルと考えます。

    どちらもBlackBerryファンには嬉しい発表ですよね!
    買収のNEWSなんかでた時はどうなることかと思いましたが、今のCEOはBBユーザーが何を望んでいるのかを把握していてますますこれからのBlackBerryの活躍が楽しみです!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    BlackBerry Japan Fan
    Facebookはコチラ
    Twitterはコチラ

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

    プレゼント応募はコチラ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    昨日9月24日の記事です!


    バラ撒き叩き売りはしない!

    間もなく正式発表される予定のBlackBerryの最新モデル「Passport」は、4.5インチサイズの正方形ディスプレイハードウェアキーボードを備えたデザイン。
    これは、縦長のタッチスクリーンディスプレイが基本となる他社製スマートフォンとは一線を画すると話題にはなりました。でもその発売価格について、興味深い情報が飛び出してきましたよ~。

    WSJによる同社CEOのJohn Chen氏へのインタヴューによると、当初はPassportの価格を700ドル程度を見込んでいたものの、競合モデルと比較して、より魅力あるモデルとするために600ドル前後で発売する方針であることが明らかにされています。

    携帯電話会社との契約割引なしで、日本円にして6万円程度ということになります。
    加えてChen氏は、見やすい正方形デザインの高解像度ディスプレイが大いに生産性を高めると自信満々なんだとか。


    BlackBerryがチープな路線に走らなかったことを歓迎する動きはあるのかもしれませんけど、650ドルから発売されたアップルの「iPhone 6」が売れに売れまくっている現在のタイミングでの新モデル投入は厳しそうでもありますよね…。

    との事でした!
    Passportの価格設定ですが、私からすると予想以上に安めに設定されているかと思いますがね(´・ω・`)
    iPhone6なんてSIMフリーなんかは13万5000円なんて金額ですしね。。。
    それに比べてクオリティも機能も充実していて納得がいく値段だと思います!
    発売当初なんてこんなものでしょう!(笑)

    BlackBerry Japan Fan
    Facebookはコチラ
    Twitterはコチラ

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

    プレゼント応募はコチラ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    2014年1月29日に発表された記事です!
    まだ知らない方のためにアップしましたヽ(´▽`)/

    ぽぽぽぽ
    (ジャカルタのBlackBerryの中古端末を扱っているショップ)


    カナダのスマートフォンメーカーBlackBerryはインドネシアにおいて新しいスマートフォン「Jakarta」を2014年4月に販売する計画がある。

    このスマートフォンは、ソフトウエアはBlackBerrが供給し、ハードウエアは同社の新しいパートナーである台湾の携帯電話機メーカーFoxconnが製造する予定である。
    「Jakarta」は言うまでもなくインドネシアの首都ジャカルタである。


    インドネシアはかつて世界で一番BlackBerryが人気ある市場だった。
    現在では同国のスマートフォン市場はAndroid搭載の端末が急拡大してきている。
    それでも2013年Q3(7月~9月期)のインドネシア市場でのスマートフォン出荷は、サムスン、現地OEMのSmartfrenに続く3位であった。
    なお4位には僅差で中国のLenovoが続いている。
    ここまでAndroidが急拡大しつつも、日本や先進国のように端末の買い替えペースが速くないので、まだインドネシアには多数のBlackBerryユーザーが存在している。
    インドネシア最大(加入者約1.3億)の通信事業者Telkomselではスマートフォンユーザー1,350万のうち約66%の890万がBlackBerryユーザーである。通信事業者XL(加入者約6,000万で2位)にはBlackBerryユーザーが300万いる。

    また3位の通信事業者Indosatのスマートフォンユーザーのうち44%がBlackBerryを利用している。このように世界的にはBlackBerryの凋落が伝えられているが、インドネシアではまだBlackBerryユーザーが多数いる。

    なお、今回BlackBerryと提携して端末を製造する台湾のFoxconnは今後5年間にわたってインドネシアで現地企業Erajaya Swasembadaと提携を行い100億ドル投資する予定である。
    そのためインドネシア政府はFoxconnに対して減税措置などを図る予定もある。
    人口2億人を超えるインドネシアは端末メーカーにはとても魅力的な巨大市場である。

    モバイルOS市場シェア1%まで落ち込んでしまったBlackBerry

    2013年第3四半期(7~9月期)における世界の市場全体のスマートフォン出荷台数は、前年同期の1億7,280万台から45.5%増えて2億5140万台になったが、その90%がAndroidとiOSである。

    Strategy AnalyticsによるとAndroidのシェアが拡大した主な要因はBlackBerryの低迷であり、たしかにBlackBerryの市場シェアは前年同期の4.3%から1.0%に低下した。
    その要因としてあげられるのが同社からリリースされた新OS「BlackBerry 10(BB10)」の製品ラインアップが振るわず、従来のBlackBerryユーザーが買い替え時にAndroidのスマートフォンに乗り換えてしまったのだろう。 また業績も芳しくない。

    BlackBerryの発表によると、2013年9~11月の第3四半期決算は44億ドル(約4,580億円)の純損失で、売上高は前年度同期の27億3000万ドル(約2,850億円)から大幅減の約11億9,000万(約1,240億円)で販売台数も第2四半期と比べて180万台減少している。

    ↓2013年Q3時点での世界のモバイルOSの出荷台数とシェア(2013年11月発表)

    ぽぽ
    (Strategy Analytics発表資料を元に筆者作成)

    BlackBerryはインドネシアで起死回生できるか

    インドネシアでまだ人気があるBlackBerryだが決して安泰ではない。
    むしろ前途は厳しい。最近ではスマートフォンのバリエーションも増え、安価だがデザイン、性能に見劣りしない端末も増加している。

    かつてBlackBerryはインドネシアでは高価なハイエンドの「あこがれの端末」であっため、若者や学生では購入できない人も多く、デザインを真似した「BlueBerry」や「RedBerry」といったBlackBerryの類似端末も多数市場に出回っていた。
    しかし若者もBlackBerryへの興味関心は薄れている。
    むしろBlackBerryはビジネスマン中心に利用されていることから、「おじさんが持つ端末」のイメージが強いことから敬遠されがちである。BlackBerryは中古端末として大量に市場に出回っているが、中古でも安くないことや他にもよい中古スマートフォンが多いことから、かつてのようにBlackBerryは中古品でも売れていない。

    さらにかつてインドネシア市場でBlackBerry端末が普及した要因の1つに同社が提供する「BlackBerry Messager」がありインドネシアでは人気を博した。
    しかし現在では「WhatsApp」、「WeChat」、「LINE」といったメッセンジャーアプリが普及し、それらの方があらゆるスマートフォンで利用できることから人気が高く、BlackBerryを求める必要がなくなっている。
    このようにBlackBerryがまだ人気があるとはいえ、インドネシア市場は同社にとって非常に厳しい環境である。

    そのようなインドネシア市場でBlackBerryの新機種「Jakarta」はどこまで受け入れられるのだろうか。

    ぽ
    (ジャカルタのBlackBerryショップ)

    【参考動画】
    2010年から2011年頃まではインドネシアでBlackBerryが人気があったことがわかる。現在は、他のスマートフォンも増加し、BlackBerryはここまで人気はない。



    とまぁこんな感じだったんですが、現地の方々に実際に話を聞いてみると意外と「今でもBlackBerryが大好き!」、「これから出てくる端末やサービスが楽しみ!」、「デザインもどんどんカッコよくなってきている!」
    などとこれからのBlackBerryに期待しているユーザーも少なくはないみたいです!ヽ(・∀・)ノ


    BlackBerry Japan Fan
    Facebookはコチラ
    Twitterはコチラ

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

    プレゼント応募はコチラ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    いつも当Blacomoをご覧頂きありがとうございます!(._.)

    開設してまだ間もないですが日本のユーザーや海外のBBユーザーの方々に色々と応援を頂き、Blacomoチームで何かできないかと思いプレゼント企画をしようとなりました!

    アンケートをとった結果、日本ではBlackBerryBold9900を使っている方がやはり多いみたいなので今回第一弾のプレゼント企画

    【ポケットタイプケース】
    CAPDASE BlackBerry Bold 9900/9930 Smart Pocket Callid

    もも
    ももも

    に決定致しました!ヽ(´▽`)/☆

    革なので丈夫で長持ち!高級感満載!
    更に着信が誰から来たか分かる窓も付いている優れもの!
    ストラップ等もつけられるホールも付いています!

    100人集まり次第、抽選を開始しようと思います!

    応募方法はコチラ

    ①、②どちらかお選び下さい。

    ①BlackBerryJpanFan Facebookページにていいね!を押した後メッセージ又はタイムラインにて「Blacomo プレゼント応募」と送信頂く。

    Facebookはコチラ

    ②Blacomo NEWS LINEプッシュ通知を取り、「Blacomo プレゼント応募」と送信頂く。

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

    送信頂いた内容を確認次第1人ずつ番号を返信致します!
    勿論当選者様には送料無料でBlacomoからプレゼントをお送り致しますので、ご安心下さい!

    それではBlacomoチーム一同応募お待ちしています!


    BlackBerry Japan Fan
    Facebookはコチラ
    Twitterはコチラ

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    先月8月19日に発表された記事です!
    まだ知らない方のためにアップしましたヽ(´▽`)/


    カナダBlackBerryは8月18日(現地時間)
    新規事業として「BlackBerry Technology Solutions(BTS)」の立ち上げを発表した。

    これは、車載など組み込み市場で利用されているQNXなど先進技術にフォーカスした事業部となる。

    BlackBerry Technology Solutions(BTS)は組み込みソフトウェアのQNX、モノのインターネット(IoT:Internet of Things)プラットフォームの「Project Ion」、暗号化アプリケーション「Certicom」、RFアンテナチューニング技術「Paratek」などの技術ポートフォリオを含む。

    なかでも、QNXは同社が2010年に買収した組み込みOSで、車載システムとしての導入事例も多い。

    新規事業の立ち上げにあたり、同社は無線、電気、半導体などの分野で研究開発、製品開発、知的所有権(IP)の開発とライセンスなどの経験を持つSandeep Chennakeshu氏を起用、BTSのトップに任命した。

    Chennakeshu氏は73件の特許開発に携わっており、無線通信技術のスウェーデンEricsson、Ericssonとソニーの合弁会社Sony Ericssonなどで幹部を歴任した。IEEE(米国電気電子学会)のフェローを務める。同日より、BTS担当プレジデントとしての任務を開始した。


    BlackBerryはスマートフォンのシェアが落ち込んでおり、SybaseのCEOを務めたJohn Chen氏が2013年に暫定CEOに就任、その後正式なCEOとなり立て直しを図っている。


    Chen氏はBTSの立ち上げについて、「QNX、Certicom、Paratekなどの技術は戦略的で技術的にも革新的な資産であり、安全で信頼性のある通信と組み込みアプリケーション向けの市場に対応できる」などと潜在性を述べている。

    BTSはBlackBerryの特許管理も担当するが、同社は現在4万4000件の特許ポートフォリオを持つとのことだ。

    ↓BlackBerryの新規事業のトップに起用されたSandeepChennakeshu氏

    001


    とまたまたこれからのBlackBerryが楽しみなNEWSですヽ(・∀・)ノ
    あぁ~早くpassportのSIMフリーが日本Amazonで販売されないかな~

    そういえば、iPhone6ですが期待大の商品だったみたいですがかなり期待ハズレの声が上がってるみたいですね。。。
    でも6plusなんかは画面の大きさ的にはまだ良さそうですけどね!

    BlackBerry Japan Fan
    Facebookはコチラ
    Twitterはコチラ

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    私自身も、プライベートでとても愛用しているネットショップ「がうがう!」さんから
    「WEBサイト リニューアル記念」ということで
    3000円以上のお買い上げでCAPDASE製の充電器をプレゼント
    という嬉しいお知らせ!

    がうがうといえば日本国内でBlackBerryのケースやシートなどアクセサリーの在庫が豊富なネットショップですねヽ(・∀・)ノ

    私も、このリニューアル記念で上手く3000円程度の商品を購入してみました!
    ちなみに購入したのはコチラ

    ゆう
    CAPDASE BlackBerry Bold 9900/9930 Smart Pocket Value Set

    以前にもオススメで紹介した商品の色違いです!
    保護シートとシリコンケース、カバーの三点セット!
    ¥2,362(税込¥2,550)

    れ
    れれ

    スマートフォンマルチケース(本革)

    コチラはスマホが大体なんでも収容可能なマルチケース!
    iPhone、ガラケーなども入ります!
    そして牛本革!なのに破格!!!
    ¥1,280(税込¥1,382)

    ももももも
    ポケットタイプケース】 CAPDASE BlackBerry Bold 9900/9930 Smart Pocket Callid

    コチラは当BlacomoNEWSをいつもご覧して頂いてる皆さんにプレゼント企画で差し上げる商品として購入しました!
    革なので丈夫で長持ち!更に着信が誰から来たか分かる窓も付いている優れもの!
    ¥1,886(税込¥2,036)

    ととてもいい買い物でした!
    そしてプレゼントのCAPDASE製の充電器がコチラ

    l
    ¥1,410(税込¥1,522)

    と約1,500円分のプレゼントだったので嬉しいですね!
    後いくつ残っているか分かりませんが、BlackBerryの保護シートやケース、充電器など購入検討している方々は是非「がうがう!」で購入してみてはいかがでしょうか!

    gaugau_logo


    BlackBerry Japan Fan
    Facebookはコチラ
    Twitterはコチラ

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    前から気になっていたGREENHOUSEのBluetoothMiniPhoneなんですがBlackBerryに接続が可能か分からなかったのですが、購入して試してみたところ接続出来ました!!ヽ(´▽`)/

    ppp

    このサイズで機能満載!
    本当に便利ですヽ(・∀・)ノ
    pppp
    こも

    こもも

    こももも

    ポポ

    ポポポ

    どうでしょうか!このMiniPhone!
    バックライトで暗闇での操作も簡単!音楽の再生も遠隔操作可能で、電話帳も同期をすればMiniPhoneの中に自動でコピーされるんです!

    私の場合は、BBQ10とBBB9900は以前紹介したCAPDASEのホルダーに常時入れているので電話が来ても一々出し入れせずに使えて便利です( ´ ▽ ` )
    BBB9900などは購入時からホルダーケースが付いているはずなのでケースに入れている方や興味がある方は是非使ってみて下さいな☆




    BlackBerry Japan Fan
    Facebookはコチラ
    Twitterはコチラ

    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

    このページのトップヘ