スマホ版が見づらい方はサイト下部のPC版をクリック!




先日22日BlackBerry、政府機関や企業などにセキュアでネットワーク化された緊急通報手段を提供している「AtHoc」を買収すると発表しました。
ちなみAtHocは株式非公開企業。この買収に関する詳しい条件や内容は分かっていません。
AtHocが提供しているサービスは、緊急時などのにも沢山の企業などが継続して情報をやりとり、協力させる事も可能とのこと。



詳しくは、通常の通信手段が使えなくなるおそれのある緊急時などに、AtHocの緊急通信ソフトウェアを利用することにより、重要な情報を共有出来るようになる。
このソフトウェアはApple「IOS」、Google「Android」、PC、M ac、無線、デジタルディスプレイなど他にもさまざまポートしている。



BlackBerryが買収した理由としては、BlackBerryMessen gerを利用する事でAtHocの緊急通信システムを強化、更に きるセキュアなビジネス向け通信手段のオプションを増やすと考えているようです。

更にAtHocの顧客には米国坊総省、米国安全保障省、医療事業者など世界中の大規模な公益また民間企業などがある。
BlackBerryは、企業や人などをターゲットとしており医療関係の顧客もターゲットにしているBlackBerryとしては、同社の新しいプロジェクトである「医療機関向けに高抗菌性位端末の開発」にもこのAtHocの買収は有益かと思われます。




BlackBerryCEOジョン・ン氏も「BBMでは単なるテキストだけでなく、音声、写真、動画の共有機能を備えており、AtHocの顧客に更にリッチなユーザー体験を提供出来る。 」と語った
AtHocもリッチなコンテンンツも必要としているんだとか。

買収手続きは11月までに完了するとされています。 


BlackBerry Japan Fan

BBJF2
Facebookはコチラをクリック
BBJF
Twitterはコチラをクリック

cooltext1685032861
Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

毎週のBlackBerry機種別の相場などお届けしています☆
是非購読してみて下さい☆  
メルマガ購読・解除
Blacomo magazine
   
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

pokunのプライベートブログはコチラ☆

banner (3)