Blacomo NEWS by B.B.J.F

BlackBerry Japan fan によるNEWS発信サイトです! 日本に需要を広げてまたBlackBerryが戻ってきてもらえるように応援していきます! できるだけ毎日更新しますので是非checkお願い致します☆

    BlackBerry Slider

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    スマホ版が見づらい方はサイト下部のPC版をクリック

    さて、期待が高まっているAndroid搭載BlackBerryVeniceのCG版ではない詳細な画像が続々とリークしてきました!(^^)!

    2015-09-03-23-44-05

    やはりスライドにしては薄い!QWERTYキーボードもかなりコンパクトで無駄が無さそうです☆

    2015-09-03-23-44-14

    BlackBerryにGoogleChromeがとても新鮮です!
    画面だけ見るとgalaxyedgeに似ている?

    2015-09-03-23-44-20

    背面はカーボン柄で少しメタリック感がある感じ?

    2015-09-03-23-44-24

    SIMのとSDのスロットは別になっていて、Classic同様ピンで開ける仕組みになっています☆
    残念な点では、自身でのバッテリーは着脱不可になっていると言われています。

    噂のまま発売があれば後2か月ですね!☆
    やはり初めはAndroid搭載と聞いた時は少し引けてしまった部分があったのですが、今は自身でも個人的に一度は使ってみたいと思います(#^^#)

    (画像参考:Techrum)


    BlackBerry Japan Fan

    BBJF2
    Facebookはコチラをクリック
    BBJF
    Twitterはコチラをクリック

    cooltext1685032861
    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

    毎週のBlackBerry機種別の相場などお届けしています☆
    是非購読してみて下さい☆  
    メルマガ購読・解除
     


    pokunのプライベートブログはコチラ☆

    国内初BlackBerryClassic販売中格安SIM会社!!!

    ◻︎もしもシークス公式HP◻︎


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    スマホ版が見づらい方はサイト下部のPC版をクリック!



    11日にロイターの情報によると、BlackBerryは次に発売するスマホ端末に、同社初となるOS「Android」を搭載することを検討しているとのこと。
    皆さんもご存知の通り、現在BlackBerryのスマホ市場シェアは1%以下です。

    現在BlackBerryOS10からはAmazonAppなどでAndroidアプリなどもインストール出来るが、全てが正常に動くわけではありません。
    以前OSアップデート前は、「LINE」どでも文字が打ち込めなかったり、前ページに戻れないなどという状態でした。
    Dropbox形式など、色々な方法でGoogolePlayなどからもAndroidリをインストール出来ますが、やはりBlackBerryWoldにてインストールした アプ
    動きの違いには差があります。
    なので、BlackBerryに足りなくシェア率を落としてしまった「アプリ」をAndroidにてカバー出来れば、世界的なシェア率、日本でのシェア率も高くなるのは間違いないと思います。
    ですがまだ、Googleのコメントなどは得られていないようですので、噂止まりです。
     


    Android搭載で予想されているのが、以前当サイトでも取り上げた「BlackBerrySlider」になっています。
    OS10以降初となる、スライド式キーボード付き端末です。
    噂によると、AndroidOSを搭載した「BlackBerrySlider」が2015年秋にリリースされるとも言われています。



    ちなみに、BlackBerry CEOジョン・チェン氏はBlackBerryによる新たなデバイス管理システムである「BES12」に期待を寄せているという。
    BES12」は企業や政府の顧客が社内ネットワーク上でBlackBerry端末のみでは無く、AndroidApple(iOS)Microsoft(Windows)搭載の機種も管理できるというシステムのようです。

    今までAndroidを回避してきたBlackBerryにとって今回の情報にはビックリでした!
    ですが、もしこのAndroid搭載でアプリ面をクリア出来れば、BlackBerry大好きな自身的には、最高の端末になるんではないかと思います( ^ω^ )

    まだどうなるかは分かりませんが、今後の動きが楽しみです☆

    BlackBerry Japan Fan


    BBJF2
    Facebookはコチラをクリック
    BBJF
    Twitterはコチラをクリック

    cooltext1685032861
    Blacomo LINEでのNEWSプッシュ通知はコチラ

    毎週のBlackBerry機種別の相場などお届けしています☆
    是非購読してみて下さい☆  
    メルマガ購読・解除
    Blacomo magazine
       
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
    バックナンバー
    powered by まぐまぐトップページへ

    pokunのプライベートブログはコチラ☆

    banner (3)



    このページのトップヘ